ごちろぐ

ごちろぐ-ごちテッドの気ままな食れぽ。

要町 麺舗十六 十八番らーめん

ラーメン大好き!ごちテッド (@georgek5555)です!

また近所のお店で申し訳ないですが、今回紹介するのは要町駅と池袋駅の中間あたりの住宅街にひっそりと昼間のみ営業している隠れた名店『麺舗 十六』です。

池袋エリアの知る人ぞ知る隠れた名店

場所は要町駅から池袋方面に向かっていく途中のちょっと路地に入ったところ。恐らく行ったことがない方だとそんなところに店があることすら気づかないところにあります。
営業が昼間のみで日曜日もお休みされているので、なかなか社会人だと行くタイミングが難しいお店。
麺舗 十六 要町 池袋 ラーメン レポ
佇まいもひっそりとしていて、電柱のところに『らーめん』と書かれた看板が目印ですね。12時前後は少し並んだりもするようです。
麺舗 十六 池袋 要町 メニュー
メニューはこんな感じ。『B麺』というまぜそばもすごく人気のようなのですが、ごちテッドが行った時間が閉店間際だったので既に売り切れておりました。
ちなみに麺の量はらーめんでも最大2玉まで無料ということで、今回はダイエット中なので、2玉にしました!w

さらにねぎ好きにはたまらない『ねぎ増し』が無料だったので、もちろんネギ増しに。
ごちテッド流の初訪問の流儀でもある、美味しそうなら全部盛りトッピングをしようということで、香るスープの匂いがよかったので今回は全部盛り的なトッピングがされている『十八番(おはこ)ラーメン』¥900をチョイス。
ちなみに会計は後払い方式です(ごちテッド払わずに帰りそうになりましたw)

見た目こってりなのに旨くてスッキリなラーメン

店主の方は少し無骨な方で、いわゆるラーメン屋のおやじって感じでそこがなんとも拘り感を見せてくれます。

そして到着しましたこちらが『十八番ラーメン』
麺舗 十六 池袋 要町 十八番 らーめん
くはー!もう見た目から伝わってくるこの旨さ!
とにかくドカってしているのに決して雑さが無いこの感じ。
麺舗 十六 十八番 ラーメン 食レポ 感想
今回こそ全部盛り系トッピングして正解だと思ったことが無いほどのこの見た目。
シャキシャキの野菜がとにかくどさっと入っていて、ノリもほどよい硬さの厚手のやつが入っています。
麺舗 十六 ラーメン トッピング 味 感想
こちらの味玉もとろとろでして、さらに味もしっかりと染みこんでいて最高。
麺舗 十六 チャーシュー 味 感想
そして写真がぼやけてしまいましたが、このチャーシューが最高。こちらでは『肉』と呼んでいるようですが、まさしく肉!
厚みがありしっかりとした歯ごたえ、トロトロ系じゃなくて肉がぎゅっぎゅっとした感じの食感を感じさせるタイプ。
味も決して無駄に濃い味付けじゃなくて、肉の旨味がしっかりとするタイプ。
麺舗 十六 池袋 要町 レポ 食
そしてこのスープがとっても特徴的。
無化調系かな?ビリビリ感はなくて、見た目がこってりな感じなんですが後味がごてっとする感じじゃないスッキリとした深みがあるスープ。
大勝軒系とは違ったほんのりとした醤油の甘みと、魚介系みたいな強烈な出汁の味わいではなく全体の調和を活かしたスープ。これが旨い。
麺舗 十六 自家製麺 味 感想
そしてこちらの太麺タイプの自家製麺がまたうまい。
食感もほどよくムチっとしていて、麺の味もスープを邪魔しない程度に主張する感じ。
麺舗 十六 十八番 ラーメン 感想 味
とにかく全体のバランスがとってもよくて、ほどよく濃くスッキリとした味わいが最高のお店ですね。
しっかりと腹いっぱいにもなるし、食べた後の強烈な口の中の調味料感とかがなく、とても完成された感じのスープでした。
ビリビリ感が欲しい人には少し物足りないかもしれませんが、このバランスの良さはまた行きたいなと思わせる味でしたね。
それにしても通常の肉増しよりもあれで肉が半分というんだから、がっつり行きたい時は肉増しのみで食べるのもありだなと思いました。

麺舗 十六

[住 所] 東京都豊島区池袋3-6-8 第1京花荘1F
[時 間] 10:30〜15:00
[定休日] 日・祝

About The Author

黒宮丈治(ごちテッド)
1978年生まれ、福岡県出身。Yelpエリート。30種以上の職を渡り歩いた後、フリーライター/プランナーとして活動。取材&インタビュー記事を中心に、エンタメからグルメ、ビジネスまで幅広く執筆。食べ物写真を掲載したTumblrブログ・飯写はフォロワー12万人超。Instagramでも食べ歩きフォト更新中。