ごちろぐ

ごちろぐ-ごちテッドの気ままな食れぽ。

代々木 曽さんの店 生きてる餃子 餃子定食

餃子大好き!ごちテッド (@georgek5555)です。

今回は過去写真整理シリーズで、代々木駅近くにある『生きてる餃子』が名物の『曽さんの店 代々木店』のご紹介です。

極太餃子!生きている餃子・曽さんの店

場所は代々木駅西口を出て徒歩1分ほどのところにあります。
代々木 曽さんの店 生きてる餃子 でっかい餃子 手延べ 餃子定食
店名である『曽さんの店』よりも、看板の『でっかい餃子』のインパクトの方が知られています。
こちらの名物はずばり『生きてる餃子』です。

何が生きているか全く分からないところではあるのですが、お店に来た人の多くはこの生きてる餃子を注文します。
餃子を注文すると、注文ごとに丸いフライパンの中に1人前をだっと詰め込んで、水をどばーっと入れてぐつぐつと煮こむように焼いていきます。
1つ1つが厚手の皮に包まれているため、ちょっと時間がかかるのですが、時間になると入っていた水をどばーっと捨てて、更に焼き上げてお皿にどんっと盛って登場します。
代々木 曽さんの店 生きてる餃子 でっかい餃子 手延べ 餃子定食
1人前6個入り。正確な値段を失念したのですが、今回は定食で注文したので、スープとご飯とザーサイ付きで600円前後でした。
代々木 曽さんの店 生きてる餃子 でっかい餃子 手延べ 餃子定食
こんな感じの身厚のどかーっとした餃子です。
代々木 曽さんの店 生きてる餃子 でっかい餃子 手延べ 餃子定食
箸で持つとズシッとします。

動画で見ていただくとその重量感が伝わると思います。
vine用に撮ったのはあまり肉汁が上手く出せなかったのですが、気をつけないとそのままガブっといくときは、たまに肉汁が水鉄砲のようにぴゅーっと飛び出します。まさに生きている餃子。
代々木 曽さんの店 生きてる餃子 でっかい餃子 手延べ 餃子定食
これをご飯に載せるOTR(オン・ザ・ライス)をして一緒にかっこむと、そりゃもう至福の時が訪れるわけです。
味はかなりシンプルな味付けで、あまり濃い味付けはしていませんが、そのままでも十分楽しめる味。
何よりも厚手の皮が食べごたえ十分です。

雑誌などでも紹介される餃子の名店・曽さんの店

こちらのお店は度々雑誌などで紹介される、餃子の名店のひとつ。
代々木駅のほぼ目の前といっていいほどの距離ですので、あまり駅近くにたくさんお店の無い代々木駅で何かお探しの方や、餃子通の方はぜひ一度『生きてる餃子』を食べに行かれてみてください。

曽さんの店 代々木店

[住 所] 東京都渋谷区代々木1-33-2
[時 間] 11:00〜25:00
[定休日] 無休

About The Author

黒宮丈治(ごちテッド)
1978年生まれ、福岡県出身。Yelpエリート。30種以上の職を渡り歩いた後、フリーライター/プランナーとして活動。取材&インタビュー記事を中心に、エンタメからグルメ、ビジネスまで幅広く執筆。食べ物写真を掲載したTumblrブログ・飯写はフォロワー12万人超。Instagramでも食べ歩きフォト更新中。